脱毛方法」カテゴリーアーカイブ

脱毛にはじつは様々な種類があるんですよ!

Published / by tomi

みなさんはどのようにして脱毛を行なっていますか?脱毛には実な様々な方法があります。例えば、脱毛サロンなどは最も一般的な脱毛の手段でしょうか。
確かに脱毛サロンは楽なんですよね。なんせ行くだけで済みますからね。もちろん、その分のお金や時間はかかるのですが、手間のかからなさという点では確かに脱毛サロンは素晴らしい手段でしょう。
しかし、世の中には脱毛サロン以外の脱毛方法もあります。今回は、みんながどんな手段で脱毛をしているのかについて、見ていきましょう。

脱毛サロンでの脱毛!

脱毛の方法として、最も効果を得られるのは脱毛サロンで行う脱毛ではないでしょうか。プロの使う機械は、脱毛効果の高いものであることが多いため、自分でやる脱毛よりも大きな効果を得ることができますね。また、脱毛サロンでの脱毛には、様々な種類のものがあります。詳しくは別ページにてお伝えいたしますが、その中から自分に合う脱毛の方法を選ぶことができるのも魅力でしょう。
また、脱毛サロンでは、サロンの店員さんとお話することもできるため、全体としてエステに来たような開放感を味わうことができますね。

家庭用脱毛器による脱毛!

また、家庭用脱毛器による脱毛も近頃は増えてきています。その理由は、家庭用脱毛器の性能が上がってきているためです。やはり脱毛サロンには劣りますが、もともと体毛が薄いよう人は、家庭用脱毛器による脱毛でも十分な効果が得られることが多いです。

ワックスによる脱毛!

こちらは、レーザー等による脱毛ができない人がよく行なっている脱毛です。多くの場合、サロンなどで施術してもらうものですね。レーザーなどを使わないので、そういった点においては、体に優しい脱毛ということになります。

脱毛の手段は沢山あります

このように、脱毛の手段は様々です。上述したもの以外にも、除毛クリームによる脱毛などもありますね。脱毛はそれなりに痛みが伴うものですので、ご自分の体に合った脱毛方法を利用するといいでしょう。

クリームで脱毛ができる。脱毛クリームは便利な脱毛法

Published / by tomi

脱毛と聞くとカミソリや電気シェーバーというイメージがありませんか。自己処理だと、これらが定番の方法となります。
しかし、それよりももっと手軽にということで、除毛クリームが登場してきました。

除毛クリームの使い方とは

除毛クリームは、1,000円以内でも購入することが可能です。ドラッグストアでも販売されているので、まずは、試しにということも手軽にできます。
使い方としてはいきなり、脱毛したい部位全部に塗るのではなく、その部位の一部に塗り、肌の様子を確認しましょう。いわゆるパッチテストです。これは髪の毛を染めるときにもよくあるものです。
脱毛サロンや脱毛クリニックでも、パッチテストと称して、テストをします。特に自宅でする場合には体質に合わないといったこともあり、何かあれば病院へ行かねばなりません。おおごとにならないようにまずは、パッチテストでチェックしておきましょう。もちろん、使い方やパッチテストについても、説明書には記載があるのでよく読んでおきましょう。
パッチテストして大丈夫そうならば、肌はよくタオルで拭いて湿気をとります。それから、除毛クリームを塗ります。適切な量を塗りましょう。塗りすぎても効果か上がりませんが、少ないと下がることはあるので、気を付けましょう。
あとは、10分程度放置しておき、最後は洗い流します。すると毛が除毛クリームによって抜け落ちているということになります。

肌のトラブルも起こるかもしれない

カミソリで剃るのが面倒だというのに比べれば、広範囲を一気にもしやすいと言えます。
その一方でクリームなので、毛穴の中にまで浸透して効果を発揮します。そのため、肌が敏感なときには少しヒリヒリしたり、乾燥や肌トラブルになる可能性はあります。
終わったあとの保湿ケアやキレイに洗い流すなどケアが必要です。

どこの部位でも使えるのか

全身とはあっても顔やVIOラインの周辺は控えた方が良さそうです。
説明書をよく読んで、使える部位を確認してから使ってください。

エステ脱毛とはこんなにちがう医療脱毛の効果

Published / by tomi

近ごろ人気の医療脱毛は、永久脱毛でムダ毛を完全になくしてくれます。よく広告で目にするエステ脱毛とは処理の内容がちがいますので、どこで脱毛しようか考えるときにまちがえないためにも、しっかりと知っておきましょう。それぞれのメリットやデメリットについて、ワンポイントアドバイスをここに記します。

エステ脱毛のメリットとデメリット

エステ脱毛とは、医療機関以外でおこなわれている脱毛のことで、街に多い広告はほとんどの人が目にしたことがあるでしょう。永久脱毛ができるとされていますが、アメリカ電気脱毛協会の「最終施術後1ヵ月経った毛の再生率が20パーセント以下」の定義を使っており、一般的な永久とはちょっとイメージがちがいます。
よって完全な無毛ではなく、ムダ毛を減らしたり、一時的にツルツルにするところまでです。脱毛状態を維持するにはサロンに通いつづける必要があり、お財布に優しくないかもしれません。しかし、毛がかなり再生されるので、元に戻したいなら放置するだけで済むメリットも。毛根まわりの組織へのダメージもすくなく安全といえるでしょう。

医療脱毛のメリットとデメリット

医療脱毛は、ムダ毛を自己処理する必要のない状態へもっていくことを目的としています。そのため、ただのエステサロンでは法律で許されていない強力な機械を使って、毛根の組織をまるごと破壊して無毛にするわけです。レーザー施術を数回、半年ほどの短期間でホントの永久脱毛が実現します。しかも、全身のどこにでも施術ができるらしく、長年の夢が叶うわけです。
しかし、意外なデメリットもあります。それは、二度と元へは戻せないことです。女性のデリケートゾーンも、処置したあとに気に入らないとしてもさらに減らす以外はできません。男性のヒゲについても、やっぱり男らしく伸ばしたいと思ってもツルツルになってからでは生えません。しっかり考えてから決めましょう。

ホントの脱毛は医療行為

平成12年(2000年)に厚生労働省が脱毛処理を医療行為として、公式に通達がされました。このことからも、不要なトラブルを避けるため、きちんとした脱毛サロンや美容クリニックを選びましょう。