脱毛の注意点」カテゴリーアーカイブ

脱毛効果に影響してしまう薬はどんな薬なのかを解説します

Published / by tomi

脱毛と薬は、実は深い関係があるんですね。
カミソリなどでの処理とは違い、脱毛サロンやクリニックでの施術というのは光脱毛やレーザー脱毛というのは肌に強い光を当てるということが肌に影響を与えるので薬などの影響が出てしまう事があるんです。

脱毛のときに使ってはいけない薬

薬を直前に服用すると、影響が出てしまうということもあって脱毛ができなくなってしまう場合があるんですね。
過敏症などを引き起こす薬はどんな物があるのか、ということですがまずは抗生物質、抗うつ剤や抗不安剤、そして抗真菌薬など病院で処方される一般的な薬はほぼ引っかかってしまいます。
なので、病院などに通っていたりする場合は脱毛施術を受ける場合、少なくとも一週間前くらいは薬を飲むのをやめておいたほうがいいでしょうね。
不安がある場合は、脱毛のカウンセリングや無料相談などでどのくらいの期間薬を飲まないようにした方がいいのかを聞いておくといいでしょう。

脱毛効果が弱くなってしまう薬

上記にあげた薬は、いわば飲んでおくと脱毛機器の光が肌などに悪影響を与えてしまうという物です。
しかし、それ以外にも薬を飲んでおく事で脱毛効果が弱まってしまうものがあるんですね。
代表的な物と言えば、ホルモン剤などがこれに該当します。
なので、不妊治療だったり更年期障害の治療や生理不順の調整をする際にホルモン剤を服用していると、脱毛効果が弱まってしまうことがあるんですね。
その場合も、脱毛をお断りされてしまうこともありますので定期的に服用している人は気をつけるようにしましょう。

他にも注意しなければいけない薬がある

上記の薬以外にも、実は常時服用している薬がある場合は脱毛効果に影響を与えないかどうか、ということを事前に確認しておいた方がいいですね。
確認する際には、エステの無料カウンセリングだけではなくかかりつけ医などもそうですし、両方に聞くという事が大事なので忘れないようにしましょう。