エステ脱毛とはこんなにちがう医療脱毛の効果

近ごろ人気の医療脱毛は、永久脱毛でムダ毛を完全になくしてくれます。よく広告で目にするエステ脱毛とは処理の内容がちがいますので、どこで脱毛しようか考えるときにまちがえないためにも、しっかりと知っておきましょう。それぞれのメリットやデメリットについて、ワンポイントアドバイスをここに記します。

エステ脱毛のメリットとデメリット

エステ脱毛とは、医療機関以外でおこなわれている脱毛のことで、街に多い広告はほとんどの人が目にしたことがあるでしょう。永久脱毛ができるとされていますが、アメリカ電気脱毛協会の「最終施術後1ヵ月経った毛の再生率が20パーセント以下」の定義を使っており、一般的な永久とはちょっとイメージがちがいます。
よって完全な無毛ではなく、ムダ毛を減らしたり、一時的にツルツルにするところまでです。脱毛状態を維持するにはサロンに通いつづける必要があり、お財布に優しくないかもしれません。しかし、毛がかなり再生されるので、元に戻したいなら放置するだけで済むメリットも。毛根まわりの組織へのダメージもすくなく安全といえるでしょう。

医療脱毛のメリットとデメリット

医療脱毛は、ムダ毛を自己処理する必要のない状態へもっていくことを目的としています。そのため、ただのエステサロンでは法律で許されていない強力な機械を使って、毛根の組織をまるごと破壊して無毛にするわけです。レーザー施術を数回、半年ほどの短期間でホントの永久脱毛が実現します。しかも、全身のどこにでも施術ができるらしく、長年の夢が叶うわけです。
しかし、意外なデメリットもあります。それは、二度と元へは戻せないことです。女性のデリケートゾーンも、処置したあとに気に入らないとしてもさらに減らす以外はできません。男性のヒゲについても、やっぱり男らしく伸ばしたいと思ってもツルツルになってからでは生えません。しっかり考えてから決めましょう。

ホントの脱毛は医療行為

平成12年(2000年)に厚生労働省が脱毛処理を医療行為として、公式に通達がされました。このことからも、不要なトラブルを避けるため、きちんとした脱毛サロンや美容クリニックを選びましょう。

おすすめ記事